スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
Posted by charki
 
[スポンサー広告
自由研究
夏休み最大の山『自由研究』

夏休みの宿題は子供だけで完結できる物にして欲しい!と切に思う一方
夏休みくらいは親子で何かにじっくり取り込め!という
学校の意図を「その通りだな」と感じたりもします
なので、どうせやるならあたしも楽しめるコトにとことん付き合う方針です

昨年はパンの発酵の仕組みについて
一緒にパンを手捏ねしながら説明し
模造紙2枚にまとめました
一日がかりでしたっけね・・・(汗)

とってもとーーーっても疲れたので
今年は簡単に半日で、いや、数時間で終わらせたい!
という思いから昨年の研究で学んだコトを生かして決めるコトに


あたし
『酵母は糖分をえさにして活動するじゃない?
 それじゃぁ、砂糖を入れないで作ったらどうなると思う?』


息子
『そりゃーパンが膨らまないでしょう!?』

あたし
『砂糖をたくさん入れたらどうなると思う?』

息子
『すぐに発酵するんじゃない?』


いいねいいね、
欲しかった答えがバシッと帰ってきた(笑)
ではでは、今年のテーマは

『パンの発酵と砂糖の働き』

に決定 パチパチパチ
それじゃ、実験行ってみよ!


午前中に読書感想文を仕上げて、午後から実験開始
すでに頭から湯気が出ていた長男は
お箸が転がっても笑い出す妙なテンションでしたが
お陰でこっちまで可笑しくなってきて
あははあははと笑いながらの作業になりました


お砂糖を10%配合した加糖生地と、砂糖を入れない無糖生地をFPで捏ねまして
一次発酵の様子、二次発酵の様子、焼き上がった時の様子を見ていきます
お砂糖の配合以外の条件はすべて同じです



一次発酵終了後、長男の予想に反して無糖生地が発酵していたので驚いていましたが
小麦粉には元々糖分が含まれているからだと説明してやると納得
では砂糖の量と発酵時間の関係は??
一次発酵では膨らみの差が出なかった加糖さんと無糖さんですが
二次発酵になって大きく差がでました。

加糖さんが大きく膨らみ、生地が緩んでいるのに対して
無糖さんは硬く締まった感じでした。

そのまま焼成してみると・・・

120823-2.jpg

前日に焼いた物なのでシワってますが一目瞭然ですね
左が無糖で右が加糖です

加糖パンは十分発酵していたので形は美しいまん丸ちゃん
綺麗な焼き色が着き、甘く柔らかい
対して無糖パンは明らかに発酵不足で形が歪、焼き色が着かない
目が詰まって硬い

やはり砂糖が多い生地は発酵が早いという結果が得られました。
他にも、砂糖には焼き色を着け、生地を柔らかくする働きがある事も学べました


焼き上がったパンを食べ比べする幸せそうな長男


『やっぱり甘いパンが美味しいね!』


だそうです


そしてそして、
今日のランチは『加糖さんdeコロッケパン』


120823.jpg


コロッケは買ってきた物ですが
加糖さんが美味しくて最高(^^)b












関連記事
Posted by charki
comment:0   trackback:0
[手作りパン
comment
comment posting














 

trackback URL
http://charki.blog84.fc2.com/tb.php/480-0b3f2647
trackback
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。